合宿免許思い出

合宿免許は意外と快適に過ごせます

固い決意をもって免許を取ろうと決意して合宿免許に取り組もうとするとき、重要な要素として対人関係があります。「どうせ短い期間だし人づきあいは考えなくても良いか」と考えると後々きついことになるでしょう。2週間から1ヶ月程度の間ずっと孤立し続けるということは大きなストレスとなってしまいます。話し相手が一人いるだけでも気が楽になり生活は快適になるはずです。そこで友達を作ろうとする訳ですが、一番大事なポイントは初対面のときとなります。時間が経過するほどグループは固定化していくので友人を作るなら始めが肝心です。まずは近くの席に座った方に話しかけると良いでしょう。相手もこれから同じ環境で勉強する仲間なので特異な方で無い限り受け入れてくれるはずです。緊張する必要は無いので「どもども」と一言いってから「どこから来ましたか?」と尋ねることから始めれば自然と会話が続けられます。早めに友達を作っておけば何かと心の拠り所になるものです。 運転技能は関係ない どのような技能にも優劣は存在するものです。たまたま運転技術が人より下手だったからといって落ち込む必要はありません。その教室では相対的に下手かもしれませんが、もっと下手な方は存在しますし、上手な方よりもっと上手な方も世の中には必ず居ます。偶然自分が周囲と比較して下手という環境にあるというだけなので必要以上に落ち込まなくても良いのです。そうして下手な自分を受け入れるのも1つの方法ですし、上達を目指すのも悪くありません。実習時間の後でも動作手順を振り返ったり運転の感覚を思い出しながら復習してみましょう。ノートに書き出しながら注意点を整理していくのも良い方法です。ですが、実際のところ免許の取得において高度な運転技能は要求されないということも把握しておきましょう。免許取得で求められる要素というのは法規走行の厳守です。法律に則った運転さえできれば良いので、多少下手な運転でも減点の対象とはなりません。とにかく運転については上手い下手を考えずに手順通りに動かすことを考えるべきです。 怖い教官にあたっても 教習所や合宿免許に関わらず怖いものが教官です。良い教官に遭えるかどうかは場所や巡り合わせといった運の要素が強く影響するため自分ではどうすることもできません。もし運悪く怖い教官に当たってしまったら体が硬直したり頭に指示が入って来ないかもしれません。そういうときは何より落ち着くことが肝心です。目の前にいる高圧的で恐怖を与えようとする教官と直接相対するのではなく、もっと大きな視点で考えて見ましょう。例えば「この人は指導教官で、指導教官は生徒を免許の試験に合格させるものだ。だからこの叱責も合格させるために行っている」と考えるのです。そうすればいくら怖い指導であっても「私のために言ってくれている」と思い込めるようになるかもしれません。直接的には耐え難いことを言われていたとしても全てこちらの頭の中で「私のためを思った発言」にしてしまえば良いのです。この方法が成功すれば何を言われても平気になりリラックスして教習を受けることができるでしょう。

合宿免許思い出

よくある3つの不安点を解消し、あなたも合宿で免許取得!

合宿免許を通じて友達が出来るのかについてですが、合宿免許もいわゆる「学校」なので、これまで小学校や中学校と色々な学校に通って友達が出来ていたような人であれば、自然にしていれば問題なく友達はできるでしょう。 では、人見知りの人はどうなのかについてですが、合宿免許特有の話題を通じて友達を増やしていくのがおすすめです。 大前提として、合宿に参加している人はみんな免許の取得を目指してきているわけですから、学科や運転といった、教習の内容については老若男女問わず共通の話題となります。 相部屋の人や、学科で隣の席になった人、運転で同じグループになった人等と、習ったところが難しかった、運転が楽しかったというような話をするだけで、十分友達の輪は広がっていきます。 あとは、それぞれの地元のことについての話題です。 合宿免許という特性上、日本全国色々な所から受講者がやってきているので、相手の出身地のことについて尋ねてみることで、話題はどんどん広がっていくでしょう。 一人部屋のプランもあります! 相部屋で知らない人と上手く過ごせるのかどうかについてですが、その合宿免許の評判(主な年齢層、ヤンキーが多いか否か等)について、ある程度ネットで調べることは可能ですが、最終的には自分と相部屋になった相手次第なので、始まってみないと何とも言えません。 先程の項目でも述べた通り、話をするという意味だけで考えれば、話題には事欠かないとは思いますが、性格の不一致や生活スタイルの違いまではどうすることもできません。 しかし、合宿免許の宿舎のスタイルには、相部屋だけでなく、一人部屋というものも存在してます。 実際、私も相部屋の合宿免許がつらかったという話を、何人かの友人からあらかじめ聞いていたので、一人部屋のプランで申し込みをしました。 一人部屋にした際のメリットですが、当然自分だけの部屋なので、他人を気にせず、普段通りの生活が可能になります。 それに対して、一人部屋にした際のデメリットですが、相部屋に比べると申し込み時の金額が高くなってしまいます、その差額を支払ってでも一人部屋にしたいかどうかで決めるのが良いでしょう。 女性一人での参加でも安心です! 女性一人で合宿免許に参加しても大丈夫かとのことですが、基本的には問題は無いと言えます。 実際、私の知り合いの女性の何人かも、合宿免許に申し込みをして運転免許を取得してます。 相部屋になった場合も、当然男女は別ですし、グループでの教習の際も女性だけを固めたグループを作ってくれたりという配慮もあります。 ただ、合宿免許の申込者の割合は男性の方が女性に比べると多く、窮屈な思いをした、また、一緒に過ごす時間が長い分、自分の気に入らない男性にしつこく言い寄られて嫌な思いをしたといったような事例もあるようです。 なので、最近ではそうした女性一人での合宿免許に対して不安を抱く人に対して、女性専用の合宿免許のプランを用意しているところもあります。 やはり、一般的な男女混合の合宿免許に比べると割高になっているところが多いようですが、女性だけという部分に安心感を見出せる人なのであれば、利用してみる価値は十分にあると言えるでしょう。 まずは、合宿免許の申し込み窓口等へ行き、女性一人での申し込みに関してどういった部分に不安を感じているかを伝え、自分に合った場所を探してみるのが一番です。

合宿免許思い出

ここで根性いれなかったら後が無い、合宿で集中研修集中練習

何と言っても、学科試験です。 こればかりは自分の記憶力で頑張って覚えるしかないので、学生時代に戻ったつもりで必死に頭に詰め込みました。残念なことに学生時代と違って、記憶力の方は減退していたので本当にきつかったです。 授業だけでは勿論足りないので、かなり模擬試験問題の入った参考書を購入して、家でも通勤途中でも必死に勉強したものです。合宿時も何冊か持っていきましたが、若い人に混ざると本当に、覚えるのが遅いなあと実感してかなり自分としては根性を入れたものです。

合宿免許思い出

合宿免許では講習以外の時間を無駄にするな

大学生の時の夏休みを利用して、山形での合宿免許に参加しました。当然ですが、一日中と言っていいほど学科講習や実技講習のスケジュールが組まれているので、頭が免許漬けになります。 そのスケジュールは勝手に決められるので、特に早朝の講習がある場合、早起きをしなくてはならないです。私は友人と二人で参加したのですが、もちろん友人とは違うスケジュールですので、一人で起きなければいけません。

合宿免許思い出

合宿免許は非日常空間

苦労したことと言われて、思いつくことがそんなにないのが正直なところ。 しいて言うなら、S字カーブで1度不合格になりました。 S字カーブに限ったことではないですが、どのタイミングで、なにを基準にハンドルを切ったら良いのかが、初心者には掴みづらいです。 教官にしつこく何度も論理的な説明を求めたものの、結局は『慣れ』なんだなぁと感じざるを得ない回答しか返ってこなかったことを思い出します。 (実際に、『慣れ』なんだと今ならわかります。)

合宿免許思い出

免許は通学より合宿が断然お勧めです

免許を取得するに当たって大変だったことは、合宿期間が2週間程と短いので、みっちりと勉強しなければならなかったことです。朝は8時くらいから、夜は7時くらいまで授業が入っていて、合格しなければならない途中試験などもありましたので、授業が入っていないときは自習室のパソコンで四六時中勉強していました。 合宿というと、授業が終わって余った時間で遊べるイメージを持っていましたが、思っていたより自由に遊べる時間が少なかったです。あとは、実習内容の縦列駐車とクランクがとても難しく何度も縁石に乗り上げたのを覚えています。

合宿免許思い出

合宿免許は手短に免許を取るだけじゃなく、友人もできる場所

免許を取得する上で苦労したことは、自動車の坂道発進でした。ミッションで免許を取得したのですが、坂道での半クラッチからの発進が何度チャレンジしてもエンストをしてしまいました。 次は、エンストをしたくないという気持ちが強くなればなるほど、次第にクラッチから足が離れなくなりました。 勇気を出したり勢いをつけたりしないとペダルから足が離れなかったことを今でも思い出します。この時初めて、坂道のあるところは通らないといういうにも思ったほどでした。 しかし、次第にクラッチの操作も足が体に覚えていきました。頭で考えながら操作をしているうちは、習得に時間がかかりましたが今では無事に坂道発進もできるようになりました。他に、駐車も苦手でした。 頭でシミュレーションをしながらハンドルを実際に切りましたが、なんどやっても駐車できる気がしないほどセンスがなくなんどもやり直してしまう始末。 このまま路上に出たらスーパーの駐車場にすら止めることができないのではと不安になったほどです。 知らない人たちと一緒に短期間でしたが出会うことができ、友達にもなれたことです。 大学時代に免許を取ったのですが、普段はアルバイトをしていたいのでこれといって大学時代は友人を作ることもなくサークルや部活動にも参加していてなかったので、合宿を通じて友達ができたは私の中で非常に印象に残っている楽しかった思い出です。また、合宿中は合宿先の寮に滞在していました。 2人部屋でしたが、そこで初対面で出会った人が偶然にも同じ地元出身でしたので、親近感の湧くお話をすることもできましたし、ガールズトークをするなど合宿というよりも友人と旅行に行っているような感覚でした。合宿免許を通じてでないと行くことがなかったような土地にも足を運べたことも良い思い出です。 無事に合宿免許で合格をした時には、一緒に合宿仲間たちと飲みに行って打ち上げをしたなど、短期間だからこそ非常に内容の濃い時間を過ごすこともできました。合宿免許を選んで良かったと思いました。 合宿免許をこれから通う人へのアドバイスは、せっかくの機会で短時間ではありますが出会えた合宿仲間との出会いを是非楽しんでほしいです。 私は合宿に対して初めに抱いていたものは、大学生活とアルバイトで忙しいので短期間で手短に免許が取れたらいいなという軽い気持ちで合宿免許を選択しました。 しかし、実際に合宿免許を経て経験したことは、手短に免許を手っ取り早く取るためのものだけではなく、自動車教習所の教官の方々や合宿先の土地、偶然にも同じ時に同じ場所で合宿に参加した仲間との出会いというのはかけがえのない出会いでした。 私には合宿免許を通じて友人もできるほど充実した合宿を過ごすことができました。参加時期にもよりますが大学生が私の時は多かったです。 年齢の近い人が多いと話も盛り上がりますし、共通の話題もあって楽しい合宿なります。もちろん最終的な目標は免許を取ることですが、それだけでなくせっかくの合宿免許ですのでここでしか味わえない楽しい時間を十分楽しんで欲しいと思います。