合宿免許思い出

ここで根性いれなかったら後が無い、合宿で集中研修集中練習

何と言っても、学科試験です。
こればかりは自分の記憶力で頑張って覚えるしかないので、学生時代に戻ったつもりで必死に頭に詰め込みました。残念なことに学生時代と違って、記憶力の方は減退していたので本当にきつかったです。
授業だけでは勿論足りないので、かなり模擬試験問題の入った参考書を購入して、家でも通勤途中でも必死に勉強したものです。合宿時も何冊か持っていきましたが、若い人に混ざると本当に、覚えるのが遅いなあと実感してかなり自分としては根性を入れたものです。

合宿だと集中して勉強出来るからいいかなと思ったんですが、どうも夜は他の人とのおしゃべりとかが楽しくて、あまり集中して勉強できなかったのが楽しいけどきつかったですね。
実技に関しては、それに比べるとあまり苦労しないで済みました。とは言っても、車庫入れが上手くいかずに教習者の方をてこずらせたのも事実です。
これが上手くいかないと、学科試験が通っても後が無いよと言われ、時間の許す限り練習させてもらいました。

とにかく、頭も反射神経も年とともに衰えてると感じたのが、一番苦労したことかもしれません。
後は、学科試験の時に本当に緊張がひどくなって、胃まで痛くなったのを我慢しつつ受けたんですが、これも苦労のうちに数えていいのでしょうか。

女性専用の合宿と言うコースを取りましたので、気兼ねなく合宿が出来ました。
やはり男性がいるといないでは、気分的にも開放感とか違いますし、女性だけの気安さもあります。
最初のうちはどうしても孤立してしまったんですが、いや若い人たちは友達同士で来ていたので中々溶け込めなくて。でも1日終わるころには、何となく「同士」って感じがしてお互い出来なかったこととか難しかったこと、ああでもないこうでもないと食事中に愚痴混じりにキャアキャア騒いでしまいました。
学生時代に戻ったようで、本当に楽しかったです。

またこの私の参加した女性専用コース、色々とオプションもついていて。例えばマッサージが受けられたり、ドライヤーもイオンドライヤーが用意されていたりと、いたれりつくせりでした。
勿論教習は厳しかったですけど、終わった後はリラックスできたしカラオケなんかも利用出来て、ちょっと旅行に来たみたいな感じ。
ちなみにこの時一緒だった人の何人かとは、今でもLineなんかで連絡とりあってます。

徹底的に教習に専念したい場合は、長期の合宿で徹底的にたたき込みがお勧めです。
特に学生の方の場合、長期の休みがあるのでそこを利用すればかなり集中して勉強出来るし、早く免許も取れると思います。
ただこれは、誰でも考えることなので、どうしても長期の休みの時は混雑します、7月8月とか2月3月ですね。それを避けるとお値段もリーズナブルになりますので、いっそGWを利用してと言うのも考えに入れてはどうでしょうか。
社会人(私含む)の場合は、長期休暇は取りにくいのでなおさら、このGWはねらい目です。旅行に入った気分で合宿免許教習に行くと言うのも、結構ありかもしれません。

その辺も考慮に入れて、合宿の場所も選ぶといいでしょう。
ちょっと遠めにするか、近場にするか。時間とお財布に相談して、その辺り検討してみてください。

私は学生では無かったので、実は社会人2年目で仕事に慣れたあたりに、GWで合宿に行って免許取りました。
女性コースのある所と言うのが第一希望でしたので、そこから検索して学校も選びました。
出来ればこういう風に、「XXだけは譲れない」などと言う決まりを作っておくと、学校選びが楽になるかもしれません。