合宿免許思い出

よくある3つの不安点を解消し、あなたも合宿で免許取得!

合宿免許を通じて友達が出来るのかについてですが、合宿免許もいわゆる「学校」なので、これまで小学校や中学校と色々な学校に通って友達が出来ていたような人であれば、自然にしていれば問題なく友達はできるでしょう。

では、人見知りの人はどうなのかについてですが、合宿免許特有の話題を通じて友達を増やしていくのがおすすめです。

大前提として、合宿に参加している人はみんな免許の取得を目指してきているわけですから、学科や運転といった、教習の内容については老若男女問わず共通の話題となります。

相部屋の人や、学科で隣の席になった人、運転で同じグループになった人等と、習ったところが難しかった、運転が楽しかったというような話をするだけで、十分友達の輪は広がっていきます。

あとは、それぞれの地元のことについての話題です。

合宿免許という特性上、日本全国色々な所から受講者がやってきているので、相手の出身地のことについて尋ねてみることで、話題はどんどん広がっていくでしょう。

一人部屋のプランもあります!

相部屋で知らない人と上手く過ごせるのかどうかについてですが、その合宿免許の評判(主な年齢層、ヤンキーが多いか否か等)について、ある程度ネットで調べることは可能ですが、最終的には自分と相部屋になった相手次第なので、始まってみないと何とも言えません。

先程の項目でも述べた通り、話をするという意味だけで考えれば、話題には事欠かないとは思いますが、性格の不一致や生活スタイルの違いまではどうすることもできません。

しかし、合宿免許の宿舎のスタイルには、相部屋だけでなく、一人部屋というものも存在してます。

実際、私も相部屋の合宿免許がつらかったという話を、何人かの友人からあらかじめ聞いていたので、一人部屋のプランで申し込みをしました。

一人部屋にした際のメリットですが、当然自分だけの部屋なので、他人を気にせず、普段通りの生活が可能になります。

それに対して、一人部屋にした際のデメリットですが、相部屋に比べると申し込み時の金額が高くなってしまいます、その差額を支払ってでも一人部屋にしたいかどうかで決めるのが良いでしょう。

女性一人での参加でも安心です!

女性一人で合宿免許に参加しても大丈夫かとのことですが、基本的には問題は無いと言えます。

実際、私の知り合いの女性の何人かも、合宿免許に申し込みをして運転免許を取得してます。

相部屋になった場合も、当然男女は別ですし、グループでの教習の際も女性だけを固めたグループを作ってくれたりという配慮もあります。

ただ、合宿免許の申込者の割合は男性の方が女性に比べると多く、窮屈な思いをした、また、一緒に過ごす時間が長い分、自分の気に入らない男性にしつこく言い寄られて嫌な思いをしたといったような事例もあるようです。

なので、最近ではそうした女性一人での合宿免許に対して不安を抱く人に対して、女性専用の合宿免許のプランを用意しているところもあります。

やはり、一般的な男女混合の合宿免許に比べると割高になっているところが多いようですが、女性だけという部分に安心感を見出せる人なのであれば、利用してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

まずは、合宿免許の申し込み窓口等へ行き、女性一人での申し込みに関してどういった部分に不安を感じているかを伝え、自分に合った場所を探してみるのが一番です。